カウンセリングで勧誘があった時の断り方

勧誘は以前のようにしつこいとか、強引とか、強制的のようなものはなくなりましたが、それでも、どこの脱毛サロンに行っても勧誘らしきものはありますね。お店側も商売ですから、商品の説明をしなければなりません。脱毛サロンにかかわらず、どんなお店に買い物に行ってもいろんな説明やおススメの商品の勧誘がありますよね。ですから、勧誘と感じるか商品の説明と感じるかは人によって異なります。特に気の弱い人は断りずらい性格ですので、もし、勧誘らしきものがあった時は、脱毛サロン側も接客に自信のあるスタッフが多いですので、言葉巧みに勧めてきます。となると、契約をしてしまいたくなるところですが、自宅に持ち帰って検討する時間も実は必要です。ですので、おススメされたとしてもすぐに受けずにいったんは断り、検討しますと伝えた方が後々の失敗や後悔を最小限にすることができます。これといった断り方があるわけではありませんが、「今回はお話を聞きに来ただけなので、検討してからまた連絡します」としっかりと言葉で伝えましょう。あいまいな返事は、押せばどうにか契約まで持ち込むことができるかもと思われてしまう可能性があるため、白黒はっきりさせた言い方をすることがポイントとなります。 一応一通りの説明を聞きましたら、「予定があるので今日はこの辺で失礼したい」と切り上げてしまうのも一つの方法ですし、事前に使える予算を伝え、その中で脱毛ができる方法を考えてくれと言ってしまうのも良い方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です