性能が向上して家庭用脱毛器にもトラブル

家庭用脱毛器も性能が良くなり、手軽に使用できるということ、コスパが良いなどで人気が上がっていますが、性能が良くなったということは、それだけ脱毛能力がたかくなったということですから、トラブルも増加しているようですね。
雑誌やテレビショッピングなどで大々的に宣伝しているホームエステを購入し、使用したところ顔を炎症しひどい目にあいました。というような報告例がありますが、注意事項は守ったのでこちらに落ち度は無いということなんですが、それは低周波によるエステ器具ですが、使用したその日から顔に熱を持ち、腫れ、痛みは2ヶ月半たった今でもまだあるということです。もちろん皮膚科で治療中。色素沈着と一部皮膚がよれてしまったそうです。
製造販売元と連絡を取り保障などについて話し合い中ですが、相手によるとこのような症例は初めてのことであり、調査中とのことです。
医者の診断ではエステ器具との因果関係は明確にはできないけれど、熱傷、低温火傷という診断です。
いろいろと調べましたが、肌にも個人差があり低周波で火傷を起こす人もいれば問題ない人もいるそうです。
ただ相手側は一度こちらにお見舞いとしてお詫びという形で来ております。なので事故もありうると認めたと被害者側では確信しています。が、その後の対応に不信感が出始めまして示談がこじれれば弁護士に相談するとのことです。
爆発的に売れている商品なのですが、やはり体質によってトラブルになるとかなりの被害が予想されますので、そのあたりを考えての購入をおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です