不妊体質を改善するために食事を見直すことも一つの手

幸い、ほどなくして二人目の妊娠が判明。やったぁ!と思いました。嬉しかったです。不妊体質を改善するために、食事を見直すことも一つの手かもしれません。精子や卵子を作るのは親となる人の体ですから、不健全な食習慣の下では妊娠しやすい元気な卵子、精子は、期待できませんよね。妊娠しやすさのためには夫妻そろって規則的で栄養バランスに配慮した食事を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。不妊の根本的な原因は、子宮着床障害のほかに排卵障害といった婦人科面での要素と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性の方の要因が想定されます。ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、男女双方が検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。妊活中の友達と話していた時、自然と葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが一番興味あるみたいです。私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いと知っていたので、妊娠したと言っていた友達に勧めました。友達には、いつも笑っていてほしいから、赤ちゃんを無事に出産してほしいと思います。ホルモンバランスの調整は、妊活の中でも大変重要なものです。中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、崩れた自律神経のバランスを治しますのでホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。
ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。
少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。
妊娠しにくい体質を改善する食品というと、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。
・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども妊娠に欠かせない栄養素を含むので、意識して摂取していきたいですね。しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、様々な食品群の中から栄養を摂ることが健康維持にもつながるのも事実です。逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は避けるようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です