葉酸以外の栄養素が配合されているものを選ぶ

葉酸の摂取期間についてお話しします。皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において推奨されています。ところで、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は要らないのかと言うと、それは違います。葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が重要な期間だという事です。ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。ですから、食材を調理して摂取しようと考える場合には気を付けてほしいポイントがあります。
出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって加熱が必要な食材やメニューの場合、出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、熱は通す程度にした方が良いと思います。
こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリによる葉酸摂取が良いでしょう。葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。
葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。なぜなら流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを避けるなどの、有益な効果が認められているためです。厚生労働省の発表によりますと、妊娠初期の女性は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。食材だけで摂取することが難しいと考える方は、サプリメントを活用するのも良いと思います。
妊娠をきっかけに栄養指導を受けたり、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。
こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が加熱すると失われやすいというリスクを理解し、摂取するようにしましょう。妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、葉酸だけを摂っても不十分です。葉酸単体では体内での吸収率があまり良くありませんから、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、葉酸以外の栄養素が配合されているものを選ぶのが良いでしょう。
目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働きかけるだけでなく、妊娠しやすい体を作る基本の栄養素でもありますから、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方もサプリの摂取をお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です