にんにくはビタミンB1とアリシンを同時に摂れる

にんにくのすごいところは、刻んだりおろしたりすると、このアリシンがたくさん出てくるところ。にんにくはビタミンB1とアリシンを同時に摂れる、疲労回復の優等生なんです。にんにくだけを食べるよりも、ビタミンB1豊富な食材と組み合わせて取り入れたほうが疲労回復効果は大。豚肉とにんにくの組み合わせは栄養面でも、味の面でも最強のコンビです。中華風の炒め物にしたり、とんかつ肉におろしにんにくを塗ってから揚げたり、アイデア次第で疲労回復レシピは無限大。火を通せばにんにくの刺激は抑えられますから、胃腸が弱い人でも大丈夫ですよ。今話題のにんにく注射ですが、実際に打ったことがある人はそう多くはないのでは?にんにく注射――響きだけでも元気になれそうですが、同時に、どんな成分からできているのか気になって二の足を踏んでいる人もいると思います。にんにく注射の成分について説明しましょう。にんにく注射は、にんにくをおろしたりつぶしたりして絞ったエキスを注射する……のではありません。名前からだとどうしてもそんな感じのものを想像してしまいますよね。ですが、にんにく注射はにんにくから抽出したエキスではなく、科学的ににんにくに似た成分の液体を作り出し、それを注射するのです。にんにく注射の主成分はビタミンB1。ビタミンB1は疲労回復に効果があるとされ、にんにくはもちろん、豚肉などにも多く含まれています。ではなぜ、“豚肉注射”ではなく、にんにく注射なのか?それは注射液からにんにくの匂いがするからです。にんにくの匂いの素は「アリシン」という成分。このアリシンが注射液に含まれていると、当然、匂いがするというわけです。病院によっては、アリシンを含まないにんにく注射もあります。にんにく注射の成分はこれ!と決まっているわけではなく、病院によって違っているのです。仮にアリシンが含まれているにんにく注射を打たれても、匂いは注射を打たれている時に、少しだけ感じることができる程度。他の人ににんにく臭いと思われるようなことはありません。安心してくださいね。にんにく注射は、自宅ではできません。まず注射を自宅でするというのはよほど特殊な状況ではない限り一般の人はあまり考えつきませんし、注射液を作るのが大変でしょう。ビタミンB1やらアリシンやらグリコーゲンやらはスーパーじゃ売ってませんからね。にんにく注射と比較されることの多いプラセンタ注射は注射液をインターネットなどで手に入れることができますが、普通の考えを持っている人なら、これに飛びつきはしないでしょう。体内に注入するものを、いい加減なところで手に入れたくはないですものね。なにより、にんにく注射の注射液を販売しているところはまだ見たことがありません。にんにく注射を打ちたいのなら、素直に病院に行くのが一番。にんにく注射を扱っている科は内科、皮膚科、美容外科、婦人科など、多岐に渡っています。これは要するに、やっている病院はやっているし、やっていない病院はやっていないということ(当たり前ですが……)。にんにく注射はどの病院でも○○科に行けばいいよ!というものではないのです。にんにく注射をやっている病院は、インターネットで探すといいでしょう。「にんにく注射 病院」などで検索すれば、情報がたくさん出てきますよ。