永久脱毛の定義は意外といい加減?  

永久脱毛の定義は、意外とどこの国でもあいまいなようです。アメリカの脱毛協会は、「脱毛終了後1ケ月の発毛率20%以下」を定義としています。日本のクリニックやエステサロンでは、「脱毛終了後半年で発毛なし」としているところもありますが、これという基準はありません。国の法律とかで決められているわけでは有りませんから、それぞれの機関が勝手に定義しているだけなんです。
ただ、文字通りの解釈をすれば、永久とはつまり永久であって、年数とかではなく死ぬまで一生の間ということになると思います。
大まかに言うと、ただムダ毛を抜いたり剃ったりするのではなく「毛根から破壊して発毛させない」タイプの脱毛を永久脱毛と定義するようです。要するに、毛根を破壊してしまえば、次に再び再生毛は出てこないわけですから、永久脱毛ということになるというわけです。ですから、永久脱毛の方法はただ脱毛するだけでは「永久脱毛」ではありません。毛根にダメージを与える方法が永久脱毛と呼ばれていて、その主な方法は、クリニックでのレーザー脱毛、エステサロンでの光脱毛、毛穴に針を刺して電気で毛婚を破壊する針(電気)脱毛などです。いずれも絶対に再発毛しないというわけではありませんが、発毛するための組織そのものにダメージを与えるため、効果は非常に高いといえます。