糖尿病の場合には血糖値が高い状態が継続

糖尿病は、生活習慣病の代表選手のように扱われることが示している通り、糖尿病患者の90%以上の人が、生活習慣が原因の糖尿病と言われています。原因となった生活習慣には、食生活が大きく関わっているケースがほとんどです。もちろん、ストレスや不規則な生活、運動不足なども大きく関係しているかもしれません。でも、一番最初に見直さなければならないのが食生活です。糖尿病になる人の多くは、栄養バランスを無視した外食などで、カロリーや塩分が高く、野菜の少ない食事内容であることが多く見受けられます。また、スイーツやスナック菓子などの糖分と脂肪分、カロリーの高いおやつを頻繁に食べている傾向も高いです。男性では、暴飲暴食の傾向があり、一回の飲酒量が多い、または、一週間に飲酒する日数が多い傾向もあるでしょう。誤解されがちですが、糖尿病の食事療法と言っても、極端にまずい食事を強いられたりするわけではありません。栄養バランスの整った食事内容で、一日三食を規則正しく摂取し、必要なカロリーをオーバーしないように注意するというだけのことです。しかし、現代人はたったこれだけのことがなかなか実行できず、生活習慣が乱れることによって糖尿病のような生活習慣病を発症してしまうのです。外食がどうしても多くなる現代人には難しい面もありますが、食べ過ぎない、栄養バランスのよい食事を摂る、野菜(特に緑黄色野菜)をできるだけ多く摂取する、甘いものや脂肪分の多い食事は控える、塩分控えめの食事を心がけるようにしましょう。昨今では、子どもでもみられるという糖尿病は、進行すると様々な生命にかかわる合併症を引き起こす怖い病気です。ですから、糖尿病はできる限り未然に防ぐ必要があります。そのためには、糖尿病の原因を知り、その要因を取り除くことが重要となってきます。糖尿病とは、血液中を流れるブドウ糖の量が多い状態、つまり、血糖値が高い状態が常時続いている状態です。一般的な血糖値は、食後一気に上昇し、その後は糖分が分解されてエネルギーに代謝されるため、徐々に血糖値が下がるのが普通ですが、糖尿病の場合には血糖値が高い状態が継続します。その原因は、ブドウ糖を体内で分解するインスリンにあるのです。インスリンが元々ほとんど分解されない体質であったり、病気など何らかの事情によりインスリンの分泌量が低下していたり、インスリンが分泌されてもインスリンの機能が低下していて正常に糖分を分解しきれなかったりといった理由で、体内に吸収した食物のブドウ糖を分解しきれず、血液中に糖分が余ってしまう状態になります。